奈良市 新薬師寺の鬼瓦

新薬師寺(しんやくしじ)
奈良市高畑町、春日大社の二の鳥居の南方にある華厳宗の寺院で、本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝えられます。
奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、最盛期には4町(約440メートル)四方の寺地を有し、いまの奈良教育大学のキャンパスあたりまでが新薬師寺の境内地でした。
平安時代以降は規模が縮小しましたが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えています。
本堂に載る鬼瓦は、ほんとうに「古代的な面相」をしており、静かに対話し続けたい気がします。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです