奈良市 十輪院の鬼瓦

十輪院
元興寺旧境内の南東隅にあり、元正天皇(715-724)の勅願寺で、元興寺の一子院といわれ、静かな奈良町の中にあります。
南門(重要文化財)は切妻造・本瓦葺の四脚門で、鎌倉時代中期です。
本堂(国宝)は、寄棟造、本瓦葺きで、背後の覆堂内に安置された石仏龕を拝むための礼堂として建立された鎌倉時代の住宅風仏堂です。軒裏に垂木(たるき)を用いず板軒とする点も一般の仏堂建築と異なっています。
護摩堂(不動堂)には重要文化財の木造不動明王および二童子立像が安置されています。
画像はみな古いもので、現役の鬼瓦がどれほどあるか、ちょっと心配です。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです