奈良市 元興寺の鬼瓦

元興寺(極楽坊)(奈良市中院町)
奈良の中心市街地にこんな大きな寺があるのかと驚かされます。
しかし実は今の奈良の市街地界隈は全部、この寺院の寺域でした。「ならまち」にあるたくさんのお寺もほとんど元興寺の末寺でした。
石の道標を右手に見て南下するとすぐ、東大寺西南院から移築された東門(国重文)が迎えてくれます。東門の降り鬼は異様な怖さを感じさせます。
本堂と禅堂の鬼面瓦も単純素朴な顔立ちです。本堂南西の鬼は1本角に見えます。禅堂の鬼には角ではなく、しわが3本あるように見えます。
通用門の大棟の鬼瓦は江戸期以降のものでしょうか、額に法輪をつけています。
平城京遷都に伴って法興寺(飛鳥寺)の日本最古の瓦を運んで建造した「行基葺き瓦」が本堂、禅室の屋根で今も生きていることを、特に強調しなければなりません。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです