奈良 斑鳩町 法隆寺東院の鬼瓦

世界遺産・法隆寺は、金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とする東院伽藍に分けられますが、全体が鬼瓦の文句なしの宝庫です。
東院伽藍は、聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に739(天平11)年、建立されました。回廊で囲まれた中に八角円堂の夢殿(奈良時代の建立、国宝)が建ち、聖徳太子の等身像とされる救世観音像が安置されています。
回廊南面には礼堂、北面には絵殿と舎利殿(ともに国重文)があり、その北に接して伝法堂(国宝)が建っています。
東院 境内の北部に太子堂があり、塀越しに眺めると鬼面文鬼瓦の山のようです。私の大好きな景色です。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです