奈良 天理市 天理参考館

天理大学付属の天理参考館は、鬼瓦についても貴重な資料を収集していて、その地道な研究には頭が下がります。そのホンの一部分が展示されていて、撮影することができました。
館が発行したパンフには、魅力的な鬼瓦の例も掲載されているのですが、著作権の関係で「審査」を受けて「許可」が出てから「著作権料」を払う必要があるとかで、面倒なのであきらめました。
鬼瓦の祖先だとみられる古代中国の「饕餮紋(とうてつもん)」の青銅器は、奈良国立博物館の仏像館にたくさん展示されていますが、撮影禁止。鬼瓦のルーツを探求する立場からすると、もっともっと研究を進めていただきたい分野です。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです