奈良 御所市 九品寺の鬼瓦

九品寺(くほんじ)(御所(ごせ)市)
本尊は国重文の阿弥陀如来。大きな寺院ではありませんが、山門、本堂、地蔵堂でりっぱな鬼面文鬼瓦に出会いました。
奈良時代の僧行基によって創建されたと伝えられますが、定かではないようです。行基は聖武天皇のとき奈良東大寺の大仏造営にかかわった僧で、生涯、民衆救済のため布教活動を続け、灌漑や港湾施設建設や僧尼院建設に心血を注ぎ、大仏建立の功績によって、日本で最初に大僧正となっています。
境内や裏山には「千体石仏」(または千体地蔵尊)と称される石仏があります。南北朝時代にこの地を支配していた御所城主楢原氏が北朝側と戦った際に地元住民が奉納したのが始まりで、現在では1,600体~1,700体もあるのだそうで、まことに見事なものです。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです