24 三重県の鬼瓦

三重県で見つけた鬼瓦さんたちの写真です。
三重県の鬼瓦探しで一番感動的だったのは、忍者の里・伊賀市でした。最初に飛び込んだのが、大きな木々に囲まれた上野八幡宮。神社に鬼面文鬼瓦があること自体、珍しいのですが、門にも鐘楼にも本殿にも堂々たる鬼がいて、遠路はるばるの参詣者を歓迎してくれました。
どこの鬼もそれぞれユニークな面相で、とりわけ山渓禅寺では山門、達磨堂、本堂の鬼たちがそれぞれ、一度会ったら2度と忘れないような顔立ちでした。
善福院や萬福寺の本堂には何と4連鬼が載っていて、悪者を監視するには万全の体制です。自転車を借りて市街地の寺院はほぼ全部回りましたが、これほど満足した撮影旅行は初めてでした。
掲載した亀山市、久居市、桑名市、津市、名張市のほか、松阪市でも撮影しましたので、近いうちに追加掲載したいと思っています。                                                                              富山弘毅

 

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです