和歌山県 日高川町 道成寺の鬼瓦

天台宗道成寺 (どうじょうじ)は、新西国三十三か所観音霊場の第五番札所です。道成寺創建にまつわる「髪長姫伝説」(「宮子姫伝記」)や、歌舞伎浄瑠璃の演目として名高い「安珍・清姫伝説」で有名です。平安時代中期に編纂された『大日本国法華験記』にすでに見える古い伝説です。 私は2度もの訪問でしたが、前回撮影の鬼瓦写真は曇天下のモノクロで使い物にならなかったので、どうしても再訪したかったのです。
縁起堂で「安珍清姫」の絵巻物を見せながらの絵説き説法が行われていますが、私は前回拝聴しているので、鬼瓦撮影を優先させました。
道成寺は大宝元年(701年)建立といわれ、本寺境内の発掘調査の結果、古代の伽藍跡が検出されており、出土した瓦の年代から8世紀初頭には寺院が存在したことは確実なようです。1985年からの本堂解体修理の際に発見された千手観音像も奈良時代のものだそうです。
仏像群は、大半が平安時代初期から中期のもの。現存の本堂は正平12年(1357年)頃の竣工ですが、寺はその後衰微し、天正16年(1588年)の文書によれば、当時は本堂と鎮守社が残るのみであったといいます。明暦元年(1655年)、本堂の屋根葺き替え等の修理が行われ、仁王門、三重塔などの諸堂塔は近世を通じて徐々に整備されていったものだそうです。
本堂は重要文化財で入母屋造、本瓦葺き。壁板に南北朝時代 正平12年(1357年)の墨書があり、同年頃の竣工と推定されます。天授4年(1378年)銘の鬼瓦が残っているそうですが、拝見できませんでした。残念!
仁王門は元禄13年(1700年)再建の重要文化財。書院は元禄15年(1702年)築の和歌山県指定文化財。十王堂は宝永4年(1707年)築。三重塔は宝暦14年(1764年)再建の和歌山県指定文化財。護摩堂は弘化4年(1847年)築で、いずれも江戸時代の古建築です。  縁起堂、宝佛殿、念仏堂は昭和以降のものです。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです