和歌山市 紀三井寺の鬼瓦

紀三井寺は、滋賀県大津市の三井寺(園城寺)と兄弟かと思ったら、全く別でした。三つの井戸があって、清水が湧き出ているところからこの名がついたそうです。参道の建物にもさまざまな表情の鬼瓦がいてくれます。本堂には鬼面文鬼瓦はありませんでした。山上の幸福観音は満蒙開拓団で命を落とされた戦争犠牲者の霊を慰めるもので、不戦の誓いを新たにしました。
参道入り口の南西一帯の10戸近くに、軒並み、鬼面文鬼瓦が載っているのを発見しました。「和歌山県の民家の鬼瓦」のファイルに収めてあります。その家々を見下ろし、和歌の浦を一望する素晴らしい景色も楽しみました。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです