和歌山県の民家の鬼瓦

和歌山県各地の鬼瓦探しでは、とくに民家の屋根に乗っている鬼瓦が目につきました。民家の鬼瓦は珍しいとはいえ、結構各地に散在しているのですが、比較的まとまって数戸から10戸近くもの民家に鬼面文鬼瓦が載っているのは、特に珍しく感じました。黒江のまちでは、道端でおしゃべりしていた4人の住民に「立派な鬼瓦が載っている家が並んでいますが、何か特別なわけがあるのでしょうか」と尋ねましたが、みんな屋根を見上げて「そんなものがあったんかいな。気づかなかったよ」という表情で、お答がありませんでした鬼面文鬼瓦を載せることも維持することも、お金がかかりますから、きっと、懐が温かい家だったのかもしれませんね。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです