28 兵庫県の鬼瓦

兵庫県の鬼瓦には、特筆すべきものがたくさんあります。一つにまとめるのが難しいので、6項目に分けます。
加古川市の鬼瓦は、三面鬼瓦もある鶴林寺に代表してもらいましょう。
赤穂市は、四十七士の大石内蔵助の菩提寺である花岳寺をはじめ、神社の鬼瓦など、とても豊かです。
南あわじ市には、景勝地・慶野松原に、中学生たちの捜索した鬼瓦がたくさん並んでいて、感動します。
国宝で世界遺産の姫路城には、鬼は一匹も住んでいませんが、アゲハチョウの素晴らしいデザインの軒丸瓦が楽しませてくれます。
姫路城の北の古刹・円教寺は鬼面文鬼瓦の宝庫です。おまけに、その食堂(じきどう)は日本一と言ってもよい鬼瓦博物館です。
童謡の里・竜野市には、詩碑がたくさんあって懐かしさがあふれていますが、鬼は不在です。
どうぞ、▲印で、各市の鬼たちと遊んでください。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです