南あわじ市の鬼瓦

淡路島の南部に誕生した南あわじ市。有名な景勝地の慶野松原には、特産の瓦にちなんで「かわら(瓦)ぬ愛を誓う「プロポーズ街道」をつくりました。国民宿舎で注文を受け、プロポーズや誓いの言葉を刻んだハート型の瓦に焼いて並べてあります。日本一といわれるいぶし銀の瓦と白砂、青松、海、夕焼けがロマンチックな散策へ導いてくれます。
その砂浜に、子どもたち自身が作り愛している鬼瓦集団がある。(写真・上) 鬼師が中学生たちに手ほどきして焼いた鬼瓦が並んでいます。思わず笑い出したくなるような名作?も多く、子供たちの独創性には感心させられます。こんな例は、日本でただ一つかもしれません。
淡路島では洲本の市街地の寺院を10数寺歩きましたが、鬼面文鬼瓦には全く出会えませんでした。

鬼瓦写真集と紹介記事のサイトです