鬼さんこちら 11 宮城県 多賀城博物館 展示鬼瓦

今では、多賀城博物館はなくなり、東北歴史博物館(宮城県多賀城市)になって、3階建ての立派な建物の歴史博物館として幅広い分野の展示が行われています。インターネットで検索したら、今の展示収蔵物には鬼瓦が4点あり、その内鬼面文鬼瓦は「多賀城の鬼瓦」1点だけです。

ここに紹介する展示鬼瓦は、ちょうど28年前の1989年5月24日に私が見学した際、多賀城周辺の瓦として特別展示されていたもののうち、鬼面文鬼瓦を抜粋したものです。 その時、展示では説明が不十分だったり全くなかったりして、学芸員の方々が収集、展示に苦労した様子がうかがわれましたし、照明が暗くてモノクロSSSフィルムでこれがやっと撮れたというのも残念な条件でした。 でも、私は鬼瓦を求めて歩き始めていた時代で、ここでの鬼との出会いはかなり感動的でした。 これらの鬼瓦は今どこに保存されているのでしょうか。丁寧に調査、保存、活用されているといいのですが。

(木造の鬼瓦、鬼面文鬼瓦ではありません。違い羽根紋でしょうか)

古い写真で映像も不良、しかも説明文もなかったりして、可哀そうな鬼たちですが、記録として写真保存だけでもと思い、特にここに掲載することにしました。

鬼瓦さんたちよ、どこかで長生きし続けていてくださいね。