鬼さんこちら 6 愛知県一宮市 蓮照寺

蓮照寺(れんしょうじ)は名鉄尾西線「観音寺」駅より徒歩8分。1584年(天正12)開山の古刹です。           (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂)        (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 大棟)

旧本堂のこの写真は2009年11月撮影ですが、1756年(宝暦6年)に建立された建物で、平成26年7月に解体されてしまいました。みごとな鬼たちでしたが、残念です。     (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 大棟 東 )

巡見街道とは、江戸時代に幕府が諸国大名の監視と情勢調査のために派遣する巡見使が通った街道をさし、この尾張近辺では、名古屋へ向かう古往還で、角を示す当時の石碑が今も残っています。    (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 客殿正面)      (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 東南1鬼)

現在の尾西線観音寺駅までの集落・苅安賀では、お寺が今でも街道沿いに多くあります。わずかに格子戸のある家や白壁造りの土蔵が残っている家もみられ、その面影を感じることができます。   (愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 南西1.2鬼 )

(愛知県 一宮市 蓮照寺 本堂 南西1鬼)

織田家の拠点の苅安賀城を背景に、尾張地方でも代表的な集落でした。江戸初期の文書によると当時の苅安賀村の家数は384戸、人口1,541人に対し寺院数14。一方、一宮村は490戸、2,935人に対し寺院数14だったそうです。この人口に対する寺院の多さが苅安賀の古くからの繁栄と信仰厚い土地柄を示しています。